有機農業の明日を語る会


140124_153244.jpg

今日は東京永田町の参議院議員会館でおこなわれた「有機農業の明日を語る会」というものに参加してきました。
この集まり、なんとなくタイトルが魅力的だったのでろくに内容も調べずに参加してみたのですが、農家だけでなくいろいろな立場の方々が来ていて、それぞれの立場からさまざまな意見が飛び交っていました。そのなかでとくに印象に残ったのは、「お米はたくさん農薬を使っているもののほうが表示義務がない。JAS有機や特別栽培と同列に扱うべきだ!」という登録認定機関の方の発言です。農薬や化学肥料を使わないJAS有機には厳格な表示義務が課され、どれだけ農薬を使ってもよい普通栽培のお米には使用農薬の表示義務がない現状。他の食品とかでは添加物など使ったものを表示しているのにどうしてなんでしょう?これが改善されれば消費者にとっては分かりやすくなるでしょうし、農家側の意識改革にも繋がるのではないかと思うんですがねぇ…。私も常々「なんで環境にやさしい農業をしている方にだけこんな義務が課されなくちゃいけないの?」と思っていますが、本当にこの表示制度だけはすぐにでも見直してほしいものですよね。
まあそれ以外にもいろいろと興味深い話がありましたが、私たち現場としてはやれることを精一杯頑張っていかなければいけないなと感じた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>