月別アーカイブ: 2013年9月

初検査


081129_1620~01.jpg

昨日、25年産米の初検査がありました。私は検査員でもあるので、生産者とは違う意味でも品質が気になります。今年は、カメムシの被害がなければ、まず品質は良好なのではないかという個人的な予想のもと、検査に臨んだのですが、大体予想通りの品質でした。ただ、検査数量はまだ1000袋ちょっとですので、これからどうなることやら。画像の下のほうの等級印を使わないですめばいいのですが。ちなみに、上から1等米・2等米・3等米・規格外の印です。

稲刈り


130924_1544~02.jpg

稲刈りが本格化してきました。
今は、画像手前の田んぼのようにコンバインで刈り取るのが一般的ですが、画像奥のように、バインダーで刈り取った稲を杭に掛けて乾燥させる人もいます。杭掛けは、乾燥ムラが無くなるように杭の上と下の稲を掛け代えたり、天候の心配があったりとなかなか大変だそうです。このように自然乾燥させた米は、機械で乾燥したものよりおいしいといわれます。ですが、今の乾燥機はかなり性能がいいですし、多分私は食べ比べてもわからないかもしれません。
この杭掛けの様子は、私にとっては子供の頃から見てきた秋の風景ですので、無くならないでほしいものです。と言っても私もやってないんですけど。

早くも…


image

いよいよ稲刈りが始まりましたが、一方来年の準備も始まりました。
写真は苗床の土を仕込んでいるところです。籾殻堆肥や肥料を、水分やpHを調整しながら混ぜこみます。有機肥料を使用するため、この時期に混ぜ、寝かせておくんです。


今、収穫前の班会議が各地区ごとに行われています。この会議で、出荷に関する色々な事を皆で確認し、収穫を始めます。同じ事の再確認も多いのですが、毎年行うことで皆さんの意識も高まっていると思います。
今年の米はどんな品質でしょうか。間もなく収穫が始まります。

秋ですね


130906_1504~01.jpg

9月に入り、だいぶ空が高く感じるようになってきました。稲もかなり頭を下げてきて、秋の気配を感じます。
今年も、雨が全く降らない時期があったり、大雨で田んぼが水没したり、色々ありましたが、なんとか収穫を迎えられそうです。