お米のたまご 2




「こめコッコォー卵」の続きです。

写真のふたつの目玉焼き、黄身の色がけっこう違いますよね。スーパーで売っている一般的な卵(右)の黄身はオレンジ色に近く、お米飼料の平飼い卵「こめコッコォー卵」の黄身はレモン色に近い黄色に見えます。じつは私も今回初めて知って驚いたんですが、黄身の色はトウモロコシが有るか無いかでかなり違ってくるんだそうです。単純にトウモロコシをお米に置き換えただけの飼料を与え続けるとほぼ半透明な黄身(?)の卵になってしまい、それではあまりに違和感があり過ぎるので「こめコッコォー卵」の飼料にはマリーゴールドの粉を配合して“色”対策をしています。それでもこれくらいの違いが出てしまい、この色が一因となって敬遠されてしまうこともあるそうなんですが、こういう理由なのでご理解いただけるとありがたいですよね。

あ、ちなみに昔各家庭で飼っていたニワトリさんはトウモロコシは食べていなかったと思いますが、自由にいろいろなものを食べるなかである程度黄色い色素が摂れていたようで、黄身はある程度黄色かったそうです。

まだちょっと書きたいことがあるので次へ続きます。(めぐ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>