日本アグロエコロジー会議


DSC_0336.JPG

今日は東京の明治学院大学で開催された「日本アグロエコロジー会議」というものに参加してきました。
アグロエコロジー、なかなか聞き慣れない言葉かと思います。私自身も今回初めて聞いた言葉なのでうまく説明できないのですが、有機的な農業と社会運動的な活動が連携していまの工業形農業や社会を変えていこう、というイメージかなと思います(興味のある方はネット等で調べてみてください)。
今回の勉強会では
・世界各国のアグロエコロジー事情
・日本での実践事例
・世界の種子問題
などについて中身の濃い議論されました。グローバル企業による農業(種子)支配の問題などはかなり深刻な印象を受けましたが、農家と市民が協力してさまざまな取り組みを始めていることに心強さも感じてきました。
東日本大震災以降、農家と市民の関係を見直す動きが目立ち始めているようです。それぞれの強みを活かした濃い関係が築ければいまの際限ないグローバル化へのブレーキになり得るでしょうし、私たち農家もそういう観点から頑張っていかなくちゃいけないんだなとということも感じました。それぞれの立場で出来ることから頑張っていきたいところですね。

なんよう雪灯かりまつり


DSC_0317.JPG

たまたま赤湯駅に行ったら駅前の雪でこんなお祭りがおこなわれていました。毎年やっているのか今年はとくに雪が多いからやっているのかよく分かりませんが、なかなかキレイでいい感じでしたよ!いつまでやっているのかもよく知りませんが、赤湯駅ご利用の際はご覧になってみてはいかがでしょうか?

コンソーシアム


DSC_0315_2.JPG

今日は山形県と県有機農業者協議会が開催した「やまがた有機農業推進コンソーシアム」の会議に参加してきました。
研究機関からの発表、実践事例の報告、最先端技術の紹介など盛りだくさんな内容でいろいろと勉強になりましたが、同時に「自分たちが取り組んでいることってけっこう先進的なんだな」なんてこともちょっと思ったりしました(^_^;)有機(無農薬)栽培では多くの人が雑草対策で苦労していますが、みんなで協力し合って安定技術を確立していければいいなと思います。

ちなみに・・・。コンソーシアムの意味を調べてみると、「提携」「共同」「団体」といった言葉が出てきました。まあ、そういうことなんでしょうね(笑)

加工米出荷


DSC_0297.JPG

今日は加工米の出荷がありました。
加工米とは主食(ご飯)以外の用途に使われるお米のことで、お煎餅やお餅、米粉製品など加工食品の原料になることが多いようです。
加工米の取り組みは減反政策(生産調整)の選択肢のひとつになりますが、転作(違う作物をつくること)などと違い田んぼを田んぼのまま使えることが農家にとってはメリットなのかなと思います。一方で収入面や需給バランスなどの問題もありますけどね・・・。
生産調整では加工米、飼料米など主食じゃないところに振り向ける政策が採られていますが、そんなことより学校給食のパンをお米に切り替えてくれればいいと思うんですけどね。米粉でパンもできるわけだし。アメリカの圧力とかいろいろ難しいんでしょうけど、お国にはちょっと頑張ってほしいところですね。

先週は・・・


DSC_0260.JPG DSC_0293.JPG

先週半ばから千葉県にありながら「東京」と名乗るこれらの場所を中心に少々遊んでまいりました。そして昨日山形の「白い世界」に帰ってきました。現実世界で今日からまた地道に頑張ろうと思います(笑)

にゃんこ


DSC_0245.JPG

春~秋は果樹畑の小屋に住みついている母にゃんこ。冬場はどこか違うところに住み処があるようでほとんど遇うことはないのですが、天気が良かったからか、今日は久しぶりに顔を出してくれました(^_^)
会えばいつも「ご飯ちょうだいー!」という感じなんですが、やっぱり今日もそんな感じでした(^_^;)でも元気でいてくれて嬉しいですね!来ても来なくてもなるべくエサは出しておくようにしているので、ときどきは顔を出してほしいなと思っています。

たらの芽


DSC_0238.JPG

ちょっと間が空いてしまいすみません(>_<)
ここ数日ずっと切り刻んできた"たらの木"ですが、刻んだ後はこのような感じで箱に並べます。並べるときに注意することは、成長したときお互いの芽がぶつからないよう高さや向きを調整すること。たらの木はトゲがすごいので扱いには苦労しますが、まあなんとか頑張っているところです(^_^;)
ということで、このような状態からたらの芽栽培はスタートします。

阪神淡路大震災の日に


IMG_20150117_180740.JPG

阪神淡路大震災から20年目の今日。関西方面への玄米出荷で引き取りに来たのは神戸ナンバーのトラックでした。運転手さんと当時のことを話したりしましたが、やっぱりそれぞれにいろいろなことがありますよね。悲しい記憶ではありますが、風化させてはいけない記憶でもあると思います。地震を防ぐことはできませんが、東日本大震災も含めて苦しいなかで得た経験や知恵は次に必ず活かせるはずですから。

たまたま1月17日に玄米出荷があり、神戸のトラックが集荷に来てくれるという偶然。なんか自分に「備えを怠るなよー!」と言われているような気もします。しっかりしないとねー(^_^;)

沖縄へ


DSC_0231_2.JPG

今日は沖縄向けの玄米出荷がありました。
沖縄へは東京有明まで陸送しそこから船便になるのですが、沖縄行きのコンテナは長さが短いのでその分玄米袋を高く積まなくちゃいけないのでなかなか大変です(^_^;)同様にあちらで下ろす方も大変だと思いますが、美味しいお米をお届けするため、ぜひとも頑張っていただきたいものだと思います。

雪の下のキャベツ


DSC_0228.JPG

今日は友人農家のキャベツ収穫をお手伝いしてきました。
このキャベツ、雪の下から掘り起こして収穫するのが”売り”だそうで、そうすることで甘さが増すんだそうです。私も食べてみましたが、たしかにかなり甘かったですね。
ただ、掘り起こすのはなかなか大変です(^_^;)とくに今年は雪が多いのでさらに大変(>o<")掘るときにスコップでキャベツを傷付けちゃったりいろいろ苦戦しましたが、初めてだったこともあって楽しかったです。これが毎日だと大変なんでしょうけどね(^_^;)