日本アグロエコロジー会議


DSC_0336.JPG

今日は東京の明治学院大学で開催された「日本アグロエコロジー会議」というものに参加してきました。
アグロエコロジー、なかなか聞き慣れない言葉かと思います。私自身も今回初めて聞いた言葉なのでうまく説明できないのですが、有機的な農業と社会運動的な活動が連携していまの工業形農業や社会を変えていこう、というイメージかなと思います(興味のある方はネット等で調べてみてください)。
今回の勉強会では
・世界各国のアグロエコロジー事情
・日本での実践事例
・世界の種子問題
などについて中身の濃い議論されました。グローバル企業による農業(種子)支配の問題などはかなり深刻な印象を受けましたが、農家と市民が協力してさまざまな取り組みを始めていることに心強さも感じてきました。
東日本大震災以降、農家と市民の関係を見直す動きが目立ち始めているようです。それぞれの強みを活かした濃い関係が築ければいまの際限ないグローバル化へのブレーキになり得るでしょうし、私たち農家もそういう観点から頑張っていかなくちゃいけないんだなとということも感じました。それぞれの立場で出来ることから頑張っていきたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>