月別アーカイブ: 2013年3月

モンテディオ山形!




今日はJ2モンテディオ山形ー栃木SCの試合を観てきました。試合は一進一退の展開でしたがなんとか2ー1でモンテの勝ち!今季初観戦での勝ち点3は個人的にも嬉しいですね(^^)これからも頑張ってほしいと思います。

今日の試合を見た限りの感想ですが、サイドに若い選手を起用することで運動量と躍動感が増したように思います。その一方で攻撃時に前掛かりになり過ぎて攻守のバランスが悪くなるシーンもありました。果敢に攻める姿勢はいいと思いますが、リスク管理にもしっかり気を配れるチームになってほしいですね。個人的には1トップのほうが攻守に安定するのかな?という気もしましたが、そこは2年目を迎えた奥野監督の手腕に期待したいところです。昨季は連係が高まる前にシーズンが終わってしまった印象でしたが、今季はしっかりとした成果を見たいものです。頑張れモンテディオ!(めぐ)

春も近い(^^)




今日は月に一度の地元米配達でした。毎月長井→白鷹→米沢と配達してくるんですが、先月はドッカリあった雪もだいぶ消えていて、今回はかなり走りやすかったです(それでも米沢はけっこうありました^^;)。

私がときどき写真を撮ってくる白鷹町の最上川橋梁付近もこんな感じでかなり雪は少なくなっていました。雪解け水で川の流れはなかなか激しかったですけどね。俳聖松尾芭蕉は初夏の最上川(大石田町付近)を「五月雨を集めて早し最上川」と詠みましたが、この時期ならどのように詠んだでしょうね?「ゆき水をあつめて猛し最上川」とかかな?(^^;)いやいや失礼しました(爆) (めぐ)

白鳥




3月も半ばを過ぎ、田んぼの雪もかなり融けてきました。そして田面が見えているところではときどき白鳥の姿を見ることができるようになってきました。写真の場所は国道13号沿いの田んぼなんですが、車通りも気にせず悠々と佇んでいました。こういう光景は見ているこちらも嬉しくなりますね(^^)北帰行までゆっくりしていってほしいです。(めぐ)

バスに乗り遅れるな?




本日安倍総理が環太平洋連携協定(TPP)交渉参加を表明しましたね。日米首脳会談の内容から交渉参加はもう規定路線なんだと思ってはいましたが、アメリカの圧力に屈した形でのこの決定は本当に残念です。

先日ラジオで流れたTHE BLUE HEARTSの「青空」という曲。歌詞の一部がいまの状況にとても合っていると感じたのでちょっと引用したいと思います。

〜運転手さんこのバスに 僕も乗っけてくれないか 行き先ならどこでもいい

こんなはずじゃなかっただろ? 歴史が僕を問いつめる まぶしいほど青い空の真下で〜

TPPでは推進派から「バスに乗り遅れるな!」という言葉がよく発せられましたよね。選挙公約を反故にした挙げ句に「こんなはずじゃなかった(>_<)」なんて言わなくて済むよう、せめて国益を最優先したブレない交渉だけはお願いしたいものですね。(めぐ)

芒取り機のお掃除




やっと「ひとめぼれ」の芒取りが終わり、続いて「コシヒカリ」の芒取りに移りました。

品種切替時は種もみが混ざらないよう機械を分解して掃除します。手前が芒取り部で網目選別の網を外して上に置いてみました。比較的掃除しやすい構造になっているので助かりますね(^^) (めぐ)

市議会傍聴


今日は初めて南陽市議会の傍聴に行ってきました。

昨日とある筋から「明日市議会で後継者対策とか新規就農についての質問がおこなわれるから聞いてくればいいんじゃない?」と言われ、それなら!ということで農家としては比較的若手(20〜40代)な6名で行ってきました。私たちみたいなのがぞろぞろ傍聴に来るのはかなり珍しいようで、休憩中にはいろんなところから「今日はどうしたんですか?」みたいな質問を受けました(^^;)それもそのはず我々以外の一般傍聴者は2名のみ。初めて行った私が言うのもなんですが、いつもこんな感じなのだとすればちょっと問題あるんじゃないの?(・・;)という気もします(^^;)みなさん地元の政治にもちゃんと興味を持ちましょうね。

で、肝心の質疑内容は国の政策の南陽市での取り組み状況確認などが中心でしたが、新規就農についても項目を設けて取り上げていたのでまずはよかったのではないかなと感じています。私が個人的にも関心のある後継者対策については、いわゆる“跡継ぎ息子”だけでなく農業法人勤めの就農者にまで議論の枠を拡げて話してくれたことは一定の前進ではないかなぁと感じています。農村ではどうしても「跡継ぎ息子だけが後継者」という雰囲気があって、私の経験でも法人勤めという立場からいろいろと肩身の狭い思いをしたことがありました(被害妄想もたぶん有り・・・)。まあそれはそれで仕方ない部分もありますが、今回の議論を機に新規参入者も地域を支える力であるということを多くの方に認識してもらえるようになっていけばいいなぁと思います。そしてそれぞれの経験を活かして農村を活性化していけたらいいなぁとも思います。うん、本当にそうなるといいですよね。(めぐ)

3.11 を前に




明日で東日本大震災から2年になります。被災地の復興、放射能の問題など大きなところでいろいろ思うところはありますが、こういう節目の日には個人ができる防災対策を点検することも大切なことなのではないかと思います。非常食や水、ラジオや懐中電灯などの確認、家具の転倒防止対策、避難場所の確認など、できることは確実にやっておきたいものですね。

そういう私はこれまで大したことはしてこなかったのですが、今年はカセットコンロを備えることにしました。あと日保ちする食料品も少々買ってきたし車のガソリンも給油したし、個人的にはまずまず頑張ったかなーと思っています。

災害はいつ来るか分からないところが恐ろしいところですが、精神的にも物品的にもできる限りの備えはしておきたいものですね。(めぐ)

芒取り 3




仕上がりはこんな感じになります。芒自体はかなりキレイに取れているんですが、ときどき短い切り藁が入ってしまうのが作業している立場としてはちょっと気になります。まあ大勢に影響はないと思いますけどね(^^;)

うちは自家使用分だけでなく組合で使う有機種子(ひとめぼれ)の供給もしているので、製品で1t分くらい芒取りをします(網目選別で3〜5割くらい落ちるので機械にはそれなりの量を通している)。機械が順調な限り比較的暇なんですが、粉っぽい仕事なのでけっこう鼻がムズムズします(-_-)来るべき花粉症シーズンの予行演習してるみたいだな(^^;) (めぐ)

芒取り 2




うちはこんな感じで芒取り作業をしています。去年までは芒取り機(写真右側、網目選別機能付)単独でやっていたんですが、今年はその前に粗選機(写真左奥の白い機械)を付けて作業しています。ちなみに粗選機はその名の通り“粗く選別する機械”で、大きめの網でわら屑など大きめの異物を取り除くもの。籾すり用に買ったものを転用しているのですが、処理容量が違いすぎるので調整にちょっと手間がかかっています(^^;)でも一度粗選機を通すことで籾が少しクリーニングされてる感じがあり、ちょっと芒取り&選別の精度は上がってるのかなー、という気はします。

次へ(めぐ)