月別アーカイブ: 2008年11月

ラジオ


radio_nagori081121.png

テツくんの投稿にもあるように、昨日はけっこうな量の雪が降りました。収穫最盛期のりんご農家はもちろん、冬支度に追われる我々にとってもちょっと迷惑な雪でした(-_-)もうちょっと外で仕事したいんですけどね。

話はガラッと変わります。私たち農家はラジオを聴きながら作業することも多いのですが、リクエスト曲って季節や気分を反映していてなかなか面白いんですよ。

夏が近づくと全国どこでもTUBEが流れるように、山形の冬は、中島美嘉「雪の華」やKiroro「冬のうた」、槇原敬之「今年の冬」などから始まります。クリスマス前は広瀬香美「ロマンスの神様」、GLAY「Winter,again 」、カズン「冬のファンタジー」など。真冬は松山千春「大空と大地の中で」、北島三郎「風雪流れ旅」、井上陽水の「氷の世界」などで、最後はイルカの「なごり雪」ですね。待ち、楽しみ、耐え、壊れかけ、惜しむ。こんな心情の移り変わり、雪国の方はお分かりいただけますよね!?(めぐ)

去年に続き………




また雪が降りました。

りんごに積もりました。収穫が終わってません。でも雪が降ってる中、もぎました。めっちゃ寒かった〜!この時期に雪はまだ早いって思いませんか!?天気予報も悪いことは当たるよね。

明日はもっと降るらしいので、どうすんべ

哲and智のテツ

アイガモにご報告




昨日のノミネートをうけて、さっそくアイガモくんたちに報告してきました。

アイガモ「ガーガー」

私「おまえらの田んぼのお米、食味鑑定コンクールにノミネートされたぞ〜。ありがとな〜」

アイガモ「ガーガーガー」アイガモ「ガーガーガーガー」

アイガモ「ガーガーガーガーガー」

果たして会話が成立していたのかは分かりませんが、いつもよりちょっといいお米を差し入れし、感謝の気持ちを表してみました。(めぐ)

速報!アイガモ米が!!


aigamo081117.png

アイガモ田んぼのお米(有機栽培ひとめぼれ)が「第10回米・食味鑑定コンクール」の最終審査にノミネートされました!パチパチパチパチ(^^)v 

このコンクールはかなり規模が大きく、今年は全国から2600を超えるエントリーがあったそうです。食味計等による一次、二次審査を通過しないと最終審査には辿り着けず、なかなかの「狭き門」なのです(ノミネートは80〜90検体くらい)。最終審査(11月24、25日)は官能(試食)審査になりますが、なんとか健闘してほしいものですね。

以前このブログ(9/24)で「アイガモの田んぼは稲穂の色がきれいで美味しそう」みたいなことを書きましたが、今回のノミネートは素直に嬉しいですね。アイガモくんたちにも何かご褒美が必要かな?とりあえずは明日報告だけはしてみようと思います。(めぐ)

WJBL




一昨日・昨日と、山形でバスケットボール日本リーグ女子(WJBL)、JOMOvsトヨタ自動車の試合がありました。WNBAにも参戦しているJOMOの大神選手は山形出身で、なんとうちの青年部のIくんと中学校の同級生(長南選手も)!そして私がバスケマニアということもあり、みんなで観戦に行ってきました。

首位トヨタと2位JOMOの好カード。前日はトヨタが勝ったそうですが、この日はJOMOが常に先行し、4Q半ばで突き放して勝利しました。注目の大神選手ですが、定評ある得点力とファイティングスピリットはもちろん、トップスピードでも接触に強く、得点に導く鋭く正確なパスを連発するなど、さすがは日本No1プレーヤーという感じでした。

来期もWNBAにチャレンジすると思いますが、そのときにはぜひうちの有機栽培米をお贈りしたいものだ、なんて考える今日この頃です。(めぐ)

防雪柵




最低気温が氷点下を記録するようになり、17時にはもう真っ暗。週半ばには初雪の予報も出ていて、ここ置賜もいよいよ冬な感じです。

冬支度はいろいろありますが、今日は道路編で「防雪柵」を紹介します。

この柵は、その名の通り地吹雪から運転手の視界を守るため、又は吹き溜まりを軽減するために設置されています。地吹雪が強烈なときは、ほとんど視界が利かなくて本当に怖い思いをします。この柵があっても見えないことはありますが、かなり状況を和らげているような気はします。それになんとなく目印になるし、最悪の場合田んぼに車が落ちるのを防いでくれそうなので、ちょっとだけ安心感を与えてくれているような気も・・・。

この柵は折り畳み式になっているので春〜秋の間は片付けられています。そしてこの時期がくると業者さんなどが一斉に組み立てるようですね。

地味な作業ではありますが、雪国には欠かせない作業でもありますね。今冬も安全運転を心掛けたいと思います。(めぐ)

アジュガ 2




そして昨日、ビオトープ周辺にアジュガを植えました。

今までは春に植えていたのですが、他の雑草との兼ね合いを考えて秋植えにし、間隔もかなり狭めてみました。もう少しすれば雪の下ということになりそうですが、雪の下でどのように成長してくれるのか、来春がちょっと楽しみです。グランドカバーらしくなってくれるといいんですが。(めぐ)

田んぼの生きもの図鑑:アジュガ

アジュガ 1




去年の春、交流田んぼの畦畔に植えたアジュガです。葉っぱの色が赤紫っぽいので見つけやすくて助かります。

うちでは畦畔の草刈りをだいたい6月下旬、8月初旬、9月中旬の計3回おこなうんですが、特に夏場は雑草がすごくて丈の低いアジュガはほとんど埋もれたまま。こんな劣悪な環境下でも生き残り、少しづつでも成長してくれている生命力に感心するやら、申し訳ないやら・・・、そんな感じです。

アジュガは冬でも葉をつけたままなので、他の雑草が弱っている間にもうひと頑張りしてほしいですね。

次に続く